Tirtha Dining

アイランドの最南端の岬、切り立った崖に位置するレストランは、遮るものもない雄大なインド洋を眼下に臨みます。

バリ語の起源であるサンスクリットで“聖なる水”を意味するティルタの名は、バリヒンズー最高位の寺の一つ、ウルワツ寺院のお膝元に位置すること、バリの鮮やかな自然、豊穣な文化・宗教へのオマージュと云えます。

水をテーマにしたコンテンポラリーで洗練されたそのデザインは、インド洋の紺碧、空の青に抱かれる“永遠”のような時の流れをお約束します。

Team

Chef Ryoichi Kano with his creations

Japanese Chef: Ryoichi Kano

辻エコール・フランスカレッジ卒業後、御影プティットクールにてル・コルドンブルーで教鞭を取るシェフの元研鑽を積み、Au Bec Fin 神戸で副料理長を任される。イタリアでの研修を経て帰国後、豪華客船、京都そしてシンガポールのファイン・ダイニングレストランにて料理長を歴任。本格的フレンチのテクニックにイタリアンのエッセンス、さらには和の繊細さを融合させたユニークな“食体感”が皆を魅了してやまない。